放課後のときめき|順位&脱落者まとめ!参加者の評判や韓国の反応も!

2021年11月28日から放送開始した韓国のオーディション番組「放課後のときめき」。

今回は、参加者の順位や脱落者をまとめました!

また、参加者の評判や、韓国の反応も紹介していきます。

放送ごとに更新していきますので、ぜひ定期的にご覧ください。


Sponsored Link



目次

放課後のときめき 最新結果一覧と脱落者

第1話(11月28日)の結果

第1話では、参加者の中でもトップクラスのビジュアルで人気の高かったキム・ユヨンや、圧倒的な実力を見せつけたカン・ウヌ、ソン・イェリムが脱落。

波乱の幕開けとなりました。

第2話(12月5日)の結果

第2話では、日本人参加者3人が登場し、日本語と韓国語でのパフォーマンスを披露するも、ミナミを残して2人が脱落しました。

また、FIN.K.Lの「NOW」を披露したチームは、結果発表の際システムエラーによりまさかの集計ミスが発生。

一部当落が変わったため、結果発表を2回するという事態になりました。

第3話(12月12日)の結果

第3話では、入学ミッションと学年対抗戦が放送されました。

今回は合格者と脱落者が大きく変動する、目が離せない展開となりました。

チョ・イェジュが怪我により辞退し、代わりにパク・ヒョリンが合流。

また、カリナとヒナが追加合格者となったものの、中間評価でヒナが脱落しました。

第4話(12月19日)の結果

第4話では、中間評価によって脱落者が決定しました。

そして、合格者の中から、オンライン投票の順位が発表されました。

オンライン投票では、日本人参加者のミナミが9位を獲得しTOP10入り!

視聴者からの人気の高さを証明しました。

第5話(12月26日)の結果

第5話では、中間テスト「団体ライブパフォーマンス」が行われました。

1年生と2年生、3年生と4年生がパフォーマンスバトルをする学年対抗戦です。

また、前回発表されたオンライン投票の結果で、学年最高点を獲得した参加者が代表して参戦する「エース戦」も。

こちらは、学年最低点を獲得した参加者が脱落候補となり、エース戦で負けた学年の脱落候補者が脱落するという仕組みです。

第5話では2人の参加者が脱落しました。

第6話(1月2日)の結果

第6話では、期末テスト「コンセプト評価」が行われました。

コンセプトに分かれて2つの学年が同じ曲をパフォーマンスし、その評価によって勝敗が決まります。

第6話では2人の参加者が脱落しました。

第7話(1月9日)の結果

第7話では、2学期中間テスト「ポジションバトル」が行われました。

1年生と2年生、3年生と4年生がそれぞれチームを組んで、ボーカル・ダンス・ラップ・オールラウンダーの課題曲でパフォーマンスバトルをします。

第7話ではボーカルとダンスのポジションバトルが放送され、ボーカルでは1年生・2年生チーム、ダンスでは3年生・4年生チームが、相手チームに圧倒的な大差をつけて勝利しました。

また、オンライン投票ランキングの結果も発表されました。

今回脱落者はいませんでした。

第8話(1月16日)の結果

第8話では第7話に引き続き、2学期中間テスト「ポジションバトル」が行われました。

第8話ではラップとオールラウンダーのポジションバトルが放送されました。

最終結果はまさかの同点となり、オンライン個人投票数+ポジション別中間テストステージスコアによって脱落者が選定されました。

1年生・2年生、3年生・4年生から最下位3人ずつ、計6人の脱落者が決定。

脱落者の中には、ポジションバトルで素晴らしいパフォーマンスを見せたばかりだったイ・ユミンの姿も…。

次回は番組史上最多となる9人の脱落が予定されており、デビューメンバー決定に向けてますます目が離せない展開になってきました!

また、2学期期末テストでは、学年ごとにパフォーマンスを披露し、その評価によって学年内の順位が決まります。

第8話では3年生のパフォーマンスが放送されました。

第9話(1月23日)の結果

第9話では、8話に引き続き、2学期期末テストが放送されました。

全ての学年のパフォーマンスが終わり、最初のデビューメンバー7人が決定しました。

そして、番組史上最多となる9人の脱落者も発表。

生き残った12人の参加者たちは、現在のデビューメンバーの席を奪い取るべくパフォーマンスバトルを行います。

Sponsored Link

放課後のときめき 参加者の評判まとめ

入学ミッション

最初の入学ミッションでは、厳しい状況を経験してきた参加者と、明るい無邪気な参加者という対照的な姿が印象的でした。

(G)I-DLE「LATATA」を披露したチームのリーダー、ヒョンソはBustarzで2017年にデビューを経験しています。

そして、メンバーのキム・ハリは、元FNC練習生でCherry Bullet候補生でしたが、デビューが失敗に終わりストレスで皮膚病に。

19歳以上の4年生チームはラストチャンスの切実さと、安定した実力を兼ね備えたパフォーマンスで見事合格しました。

それに対し、12歳〜14歳の1年生チームは、若さが弾ける元気ハツラツなムードが印象的でした。

特にソン・ミンチェとユン・スンジュは着ぐるみを着て登場し、可愛さ全開で会場を沸かせましたが、パフォーマンスに入ると一変。

衣装も変えて、NCT127の「Kick It」で見事なガールクラッシュを披露し、ギャップで魅せました。

日本人参加者のミナミ、カリナ、ヒナは、3人で少女時代の「Genie」を披露、1次試験は突破したものの、2次試験で合格したのはミナミただ1人という結果となりました。

学年対抗戦

入学ミッションを終えると、カリナとヒナが追加合格者となり、日本人参加者全員が参加できることに。

最年長の4年生チームは、他の全ての学年から「最弱チーム」と評価されてしまい、学年対抗戦優勝への決意を燃やしている様子でした。

そんな中、中間評価の結果により、各学年あたり6人の脱落者が発生することが明らかになりました。

中間評価で、2年生チームはITZYの「WANNABE」を披露しましたが、その結果イ・スミン、イ・ハダム、パク・ユラ、イ・ソユン、ヒナ、イ・スンウンの6人が脱落しました。

エース戦

1回目のオンライン投票の結果で、学年最高点を獲得した参加者が代表して参戦する「エース戦」が行われました。

中でも見応えがあったのは、ダンスが得意な3年生のチェ・ユンジョンと、ボーカルが得意な4年生のユン・チェウォンのバトルではないでしょうか。

ユン・チェウォンは、練習ではダンスに不安がある様子でしたが、本番では素晴らしいボーカルとダンスを披露して見事勝利。

そのパフォーマンスが評価されたのか、2回目のオンライン投票では1位に輝きました。

Sponsored Links

韓国の反応

参加者に対する韓国の反応をまとめました。

※YoutubeのコメントやTwitterから抜粋し、日本語訳(一部意訳)しています。

윤서는 카리스마있게 잘하고 지우는 청순미모에 상콤한 매력이 좋네요

日本語訳:(入学ミッション「Ice Cream」のチームに向けて)

ユンソはカリスマ的に上手で、ジウは清純美貌にさわやかな魅力がいいですね

https://www.youtube.com/watch?v=Z_Gt9wfJA0k

역대급이다. 이전에 했던 오디션 프로그램하고는 차원이 다르다.덕질준비하자.

日本語訳:(入学ミッション「Crazy」のチームに向けて)

歴代級だ。以前やったオーディション番組とは次元が違う。オタ活の準備しよう。

https://www.youtube.com/watch?v=RVvj0KEU4MM

노래도 어쩜 이런… 진짜 대박이다 뭘 해도 잘하네…

日本語訳:(入学ミッション「Monster」のチームに向けて)

歌もどうしてこんな…本当にすごい 何やっても上手だね…

https://twitter.com/hr___sunflower/status/1467357712250175488?s=20

まとめ

放課後のときめき 参加者の順位まとめと、評判や韓国の反応をご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

ぜひ一緒に応援しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


Sponsored Link



よかったらシェアしてね!

韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

人気韓国ドラマを無料視聴!年代で探す

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる