TWICE不正投票でWhosfanの対応がやばい?真相や投票の仕組みや結果はいつ分かる?

国民的アイドルで特に日本では男女問わず大人気の女性グループTWICEがついにカムバックしました。

今回はいつもとは違うコンセプトでのカムバックということで注目されていたのですが、ファンの間では予想もしなかったことが起きているようです。

それがTWICEファンによる、アプリWhosfanの投票で不正投票があったとしてTWICEに入っていた票がほぼなくなるということでした。

今回はWhosfanの仕組みや投票の仕方についてとTWICEへの不正投票について紹介していきます。


Sponsored Link



目次

Whosfanとは?

Whosfanとは韓国アイドルを応援する上で欠かせないアプリの中の一つです。

Whosfanでは、音楽番組での1位などがプレゼントできるのではなく、投票の多かったメンバーやアイドル個人の誕生日広告などが地下鉄などに出されるというシステムになっています。

そして今回TWICEのファンが投票していたのが「ニューヨークタイムズスクエア」への無料広告でした。

ニューヨークのタイムズスクエアはアイドルファンの中でも敷居が高く、広告掲載に多くのお金がかかることで有名です。

その広告をプレゼントしたいとファンは投票をしていたようです。

投票の仕方や仕組み

Whosfanでは投票の仕方が何通りかあります。

一つは誰でも可能な“広告を見て投票権をためる”というものです。

1日30回みることが出来ると決まっているためファンは毎日広告を見てプレゼントしたい広告が出たときに一斉に投票していきます。

そしてもう一つが“友達から投票権をもらう”という方法です。

Whosfanで友達をつくるとひとりにつき一日3回投票権をあげることができます。

そのため、Whosfanでは様々な人から友達申請が来ますが、全て受けるほうが投票権を集めるには有利になります。

そしてWhosfanではたまにポイントがアップする期間があるのでその期間に広告を見るといつもの倍投票権がもらえることになるのでオススメです。

そして“課金”という方法もあります。

課金することで多くの票を得ることが出来るので接戦の際には課金するというファンもいます。

このように投票権を得るにはこのような作業を毎日地道にためていって、溜まった投票数を投票するようになっています。

Sponsored Link

TWICE不正投票とは?

今回のTWICEのWhosfan不正投票はWhosfan側も認識しており処置を取っています。

まず投票期間は2021年5月24日17:05~2021年6月7日11:00までとなっていました。

そして不正投票があったと明らかになったのが6月6日だったようです。

Whosfanはこのようにファンに向けてメッセージを出しています。

『最近、投票権を不正に獲得して投票に利用する事例が数件見つかっていることが分かりました。Whosfanの方針に基づき、異常な手段で獲得したチケットを使用して投票に参加することは異常な投票活動と見なされます。そのため異常が確認された投票権は全て回収し無効にさせていただきます。そしてアカウントも停止させていただきます。』

このような文とともに一緒にアカウントの頭文字も付いていたようです。

そしてこの件で1位だったTWICEの48%の票が一時は1%まで落ちました。

TWICEのファンの働きかけによって最終順位は2位となっており、1位には届きませんでしたが不正投票で減った票を見事に巻き返しています。

Sponsored Links

まとめ

今回はTWICEへのWhosfanでの不正投票による投票権の消失についてとWhosfanの仕組みについて紹介していきました。

WhosfanはK-POPアイドルを推していく上で入れておくと便利なアプリになっているので今のうちに入れておくといいかもしれません。

推しの誕生日には毎年投票があり、他にも今回のように「ニューヨークタイムズスクエア」への広告権利をゲットすることにも繋がっていきます。

アイドルに喜んでもらいたいという思いでやってしまった不正投票により今までの投票分が減ってしまうことは悔しいですよね。

しかし、すぐに巻き返して2位になったのはTWICEが世界でどれほど愛されているのかということが分かるきっかけにもなったかも知れません。

Sponsored Links



よかったらシェアしてね!

韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

人気韓国ドラマを無料視聴!年代で探す

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる