ブレイブガールズのローリンって放送禁止だったの?逆走のきっかけや経緯も紹介します!

リリースから4年という前代未聞の歳月を経て、チャート逆走を起こし話題沸騰している、ブレイブガールズの「ローリン」。

実はかつて、この曲が放送禁止の危機にさらされていたのをご存知でしょうか?

今回は、ローリンが当時物議を醸した原因と、今回のチャート逆走についてご紹介します。


Sponsored Link



目次

ローリンは放送禁止だった!?

歌詞に俗語が使用されていた

ローリンが放送禁止とされた理由の1つに、歌詞の内容があります。

ローリンの歌詞には俗語が含まれていました。

歌詞の中の「恥さらし」という言葉が俗語にあたるとして、KBS審議で不適格判定を受けてしまったのです。

結局、該当部分は修正されることとなりました。

MVが19禁に

歌詞の他にも、リリース当初のローリンは物議を醸していました。

問題となったのは過激なMVです。

もともと、ローリンはセクシーな「バンパイア」のコンセプトで発表された曲でした。

MVでも、メンバー同士が体を密着させるなど刺激的な表現が使われていました。

その結果、MVは青少年観覧不可判定を受けてしまいます。

後日、15歳観覧可能の判定を受けたクリーンバージョンが公開されました。

このクリーンバージョンでは、露出度の高い衣装が含まれた部分がすべて削除されています。

クリーンバージョンを公開した理由として、ブレイブガールズの関係者は

ブレイブガールズが単純にセクシーさだけを掲げたのではなく、大衆性と音楽性を兼ね備えているという評価を受けるために、ミュージックビデオで扇情性の論争が起こる可能性のある部分を全面修正した

と明かしていましたが、

韓国のネットでは、わざと扇情性で話題を作ろうとしているとも言われていました。

ただ、ブレイブガールズは長年にわたり伸び悩んでいたグループです。

どうにかして話題を作り、売り上げに繋げたいという意図があったのかもしれませんね。

当時は残念ながらローリンがヒットすることはなく、192位が最高位という結果でした。

Sponsored Link

チャート逆走はなぜ起こった?

コメント動画がきっかけ

2021年2月24日、Youtubeである映像が公開されました。

それは、「BRAVE GIRLS_Rollin’_コメントコレクション」というタイトルの動画で、

ローリンのパフォーマンスを編集した映像にコメントを加えたものです。

この映像が大きな話題を呼び、ローリン逆走へと繋がったのです。

ちなみに、この動画が公開される前日、ブレイブガールズのメンバーは解散を決めていたそう。

なかなか思うように成功できず、生活も苦しい状況で、すでに宿舎の荷物を片付けているメンバーもいたといいます。

しかし動画が公開された2週間後、ローリンは音楽チャートや音楽番組で1位を獲得したのです。

解散寸前で起こった奇跡の大逆転に、韓国中が熱狂しています。

慰問公演で大人気!

先ほど紹介した映像では、かなり盛り上がっている様子がわかります。

流れていたのはいずれも、普通のライブや音楽番組ではなく、軍人さんたちを慰問する公演での映像です。

ブレイブガールズは、この慰問公演に毎年のように訪れており、高い人気を獲得していたのです。

特に、毎回披露していたローリンの人気は凄まじいものがありました。

「韓国軍の非公式軍歌」とまで言われ、先輩から後輩へ語り継がれるほど、熱烈な支持を集めていたようです。

動画で紹介されているコメントでも

この曲ひとつで2年間耐えることができた

兵役の時すごい元気をくれた曲…
励ましてくれたというか、言葉にできない何かがある

など、兵役中のことを振り返り、曲が支えになっていたという声が見られました。

演者と観客が一体となり、心から楽しそうに盛り上がる様子が、絶妙な編集で伝わる動画により

今まで世間には無名だった曲が爆発的に注目されたのです。

笑顔いっぱいの幸せそうな姿が、暗い世の中に元気を与える存在になったようです。

Sponsored Links

まとめ

ブレイブガールズのローリンについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回、ローリンは「チャート逆走」という、普通とはちょっと違う経緯で大ヒット曲となりました。

今までにも、リリースから月日が経って、なんらかのきっかけでチャート逆走を起こす曲は時々ありました。

例えばEXIDの「up&down」や、N.flyingの「Rooftop」などが有名です。

しかし、ローリンはリリースから4年も経って逆走という、今までにない展開を見せています。

名曲でありながら、当初は不適格判定を受けた上、売り上げも良いとは言えない状況で、なかなか日の目をみることがありませんでした。

それが今になって、思わぬ形でブレイクを果たしたのです。

地道に続けた努力が実を結んだ今回の逆転劇は、多くの人に勇気を与えたのではないでしょうか。

また、低年齢化が進む最近のK-POPアイドルの中で、ブレイブガールズは貴重な「お姉さんグループ」でもあります。

彼女たちにしか出せない魅力で、これからもK-POP界を盛り上げていって欲しいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links



よかったらシェアしてね!

韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

人気韓国ドラマを無料視聴!年代で探す

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる