韓国の美脚整形のやり方・値段・口コミとは?筋肉を落とし脂肪吸引・溶解がメジャー?

韓国芸能人のような細くて長い美脚って、とても憧れますよね?

外見を重要視され、「美容大国」と言われる韓国。

しかし努力して痩せても、体質的に脂肪が落ちにくかったり
筋肉質で太く見える人は、アイドルにもたくさんいます!

では、どのようにして美脚をつくりだしているのでしょうか?

View this post on Instagram

임보라(boralim)さん(@3.48kg)がシェアした投稿

美しさを作り出す中でも、最も有名なのが美容整形です。

地下鉄の広告に整形のビフォーアフターが掲載された広告が並ぶほど、
多くの整形外科が存在していて競争率がかなり高い韓国。

特に脚の整形は顔とは違って跡が目立ちにくく、施術後もすぐに動けるので行っている人も多いようです。

どんな美脚整形が韓国ではメジャーなのでしょうか?

目次

ボトックス

View this post on Instagram

【 S Beauty Clinic 】 ふくらはぎボツリヌストキシン(踵上げバージョン)★彡 ・ レジェノックス 200単位(下腿100-100単位)を注射しています(^з^)-☆ ・ 力を入れたときの筋肉の凹凸が目立たなくなり、ふくらはぎが細くなりました(°▽°)♪ ・ S Beauty Clinic http://s-beautyclinic.com/ ・ 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-23-14 道玄坂225ビル7F ☎︎03-6416-3214 ・ #足痩せ#美脚#ボツリヌストキシン#レジェノックス#ボトックス#ボトックス注射#下腿#下腿ボトックス#ふくらはぎ#ふくらはぎボトックス#注射#痩せたい#ダイエット#夏#ビーチ#海#旅行#リゾート#痩身#医療痩身#美容クリニック#美容皮膚科#sbeautyclinic#エスビューティークリニック#痩身クリニック#渋谷

Yumi Yamamotoさん(@dr.y.yumi)がシェアした投稿 –

ボトックスは「ボツリヌス菌毒素」を注射注入することで、筋肉の動きを弱める働きがあります

特に、筋肉が発達することによって太く見えがちな、ふくらはぎに使用する事が多い施術法です。

効果は2〜4週間をかけて徐々に現れるタイプ

デメリットとしては、施術後は筋肉痛のようなだるさが出る。

また、永久的な整形ではなく持続期間は半年〜1年です。

更に効果を持続させるためには、定期的に注入する必要があります。

施術方法

カウンセリング後、筋肉が多く付いている部分に数カ所ボトックスを注入します。

痛みが少ない上に、施術自体の時間は5〜10分程度

ダウンタイムもない為、すぐに帰宅できます。

値段

「ボツリヌス菌」には数種類あり、代表的なものはアメリカ製の「アラガン社のボトックス」
ですが、日本では両足で大体6万円〜20万円程です。
※注入する単位によって値段は変わります。

この値段を3ヶ月〜半年に一回続けるとなると、お財布にダメージが出ちゃいますね。。

しかし、韓国では、それが両足14万ウォン〜と、かなり破格です!

恐らく、「リジェノックス」や「ニューロックス」といった、韓国製の薬品を使う事で値段を抑えられるのかと思います。

日本でもこれらの韓国製のボトックスで施術は可能で、もちろん料金も安いのですが
効果が弱い・安全性に欠けるという指摘もあります。

口コミ

筋肉が減ることで出てくる悩みもあるようです。

「ヒールを履く時にボコッと出るふくらはぎの筋肉がなくなった!」

「痛かったけど、我慢した甲斐があった。」

など、喜ばしい口コミもある中、効果が切れてきた時は寂しさを感じちゃいますね…。

Sponsored Link

脂肪吸引

体の整形と聞いて一番初めに思い浮かべるのが、脂肪吸引ではないでしょうか?

脂肪吸引の最大のメリットは、リバウンドしにくいこと。

人間には脂肪細胞の数が決まっており、これが大きくなったり小さくなることで脂肪の量が決まります。

脂肪吸引は、脂肪を取り除くことで脂肪細胞数が減るので、太りにくくなるというわけですね。

また、目に見えて痩せた!と感じやすいのも脂肪吸引の良いところです。

脚でいうと、脂肪がつきやすい太ももに効果的です。

デメリットは、ダウンタイムが長く、
術後に腫れや痛み・内出血などが見られることです。

麻酔が切れた後、筋肉痛のような痛みが数日続くと共に、腫れるのでサポートタイプのストッキング等でしっかりと圧迫する必要があります。

また、その腫れやむくみが1〜2ヶ月続くので、効果が現れるのはそれ以降になります。

施術方法

事前にカウンセリング・血液検査を行った上で施術を行います。

当日は、麻酔をした後皮膚を数ミリ切開し、細い専用の管で直接皮下脂肪を吸引し除去。

その後、管の挿入口を縫合するという流れです。

術後は、経過観察や圧迫除去の為通院が必要となります。

値段

吸引する部位にもよりますが、日本では
一部位15〜40万円、太もも全体となると50〜100万円程必要となります。

韓国では、部分140万ウォン〜・全体350万ウォン〜と、
やはり日本より安いようですね!

ただ、脂肪吸引に関しては時間が必要となる為、少し長めの休暇が必要かもしれません。

口コミ

脂肪自体を吸引するので、体重も一緒に落ちるのは嬉しいですね!

やはりすぐには効果が出ないので不安に感じている口コミが多いですが、
きちんとケアをした後、「細くなった!」との喜びのコメントは一番多く感じました。

しかし、リスクも伴う為クリニックの選び方とカウンセリングがとても重要です。

Sponsored Links

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とは、「リン脂肪」という物質を脂肪が気になる部分に注射注入し、脂肪細胞を破壊する施術です

脂肪溶解注射は、部分痩せやセルライトにも効果的で、
こちらも脂肪吸収同様、脂肪がつきやすい太ももに使用されることが多い施術です。

溶解された脂肪は自然に老廃物として排出されるので、安心という面もあります。

デメリットは、施術後数日腫れやすく、
ボトックス同様何度か打つことが必要で、最低でも3回は施術をしないと効果が現れにくいようです。

施術方法

カウンセリング後、脂肪が多く付いている部分に数カ所脂肪溶解注射を行います。

こちらもボトックス同様、施術自体の時間は5〜10分程度

ダウンタイムもない為、すぐに帰宅できます。

値段

日本では、一回1万円〜5万円程で行えます。

中には3千円位で出来るところもありますが、
成分をブレンドして使用している場合もあるようなので、あまりにも安価な場合は注意も必要です。

韓国では、一回7万ウォン〜

脂肪溶解注射は元々の価格設定が安いので、韓国ともあまり値段が変わらないように感じますね。

高額な整形のオプションで「脂肪溶解注射一回プレゼント」というキャンペーンも行われるくらい
韓国でメジャーのようです!

ただ、日本同様に成分には気をつけたいです。

口コミ

太ももは普段あまり刺激を受ける場所じゃないので、痛そうです…。

「効果があった!」「また打ちに行こう。」という声の中、「全然効かない。」という口コミもありました。

やはり脂肪吸引に比べると安い分、効果は人それぞれのようですね。

Sponsored Links

まとめ

韓国でメジャーな整形をご紹介しました。

太ももには「脂肪吸引or溶解注射

そしてふくらはぎには筋肉を落とす「ボトックス」

と、部位に合わせて脚全体を施術する人が多いようです!

脂肪溶解注射とボトックスであれば、
セットで当日中に出来るので手軽ですね。

また、注射タイプは跡になりにくいので、プチ整形感覚で顔に行っている芸能人も多いです。

日本でも同様の施術が可能なので、みなさんも検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


Sponsored Link



よかったらシェアしてね!

韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

人気韓国ドラマを無料視聴!年代で探す

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる