田島将吾のやめた理由や経歴ってどうなの?日プ2の練習生になるため?

Produce 101 JAPAN Season2のメンバーが発表されました。
メンバーには聞き覚えのある名前もいましたね。

今回は元ジャニーズjrの「田島将吾」さんの経歴について調べてみたので
ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

1.田島将吾さんのプロフィール

名前 田島将吾(たじましょうご)
出身 東京都
生年月日 1998年10月13日
特技 ダンス 楽器(ドラム) ラップ 韓国語

自分のキャッチコピーは
「心の充電器」

最近は日課のランニングをしながら
神社にお参りに行くことも多いそうです。

国民プロデューサーの日々の疲れた心を
癒してくれるそんな存在ではないでしょうか。

またプロフィールにもある通り
ダンスとラップが得意な練習生です。

自己PR動画でもラップを披露していました。

2.日本での活動

ジャニーズjr

もともとジャニーズjrとして活動していました。2009年にジャニーズ事務所に入社し、sexy zoneのバックダンサーや、キンプリのメンバーと一緒に活動していたことでも知られています。

2009年に入社した同期には、キンプリの岸優太さん、SixTONESの松村北斗さん、高地優吾さんなどがいます。

今回発表された練習生の姿とは全く違い、
ジャニーズjr時代は可愛い系男子として人気でした。

またドラマ出演経験もあり2014年には「近距離恋愛 season sero」に新谷海斗として出演していました。
このドラマにはキンプリの岸優太くんも出ていましたね。

ドラマでも使用したクマのジャスティスという人形を大事に持っていることでもファンの中で話題になりました!(ジャスティスという名前は岸くんが命名したそうです!)

ジャスティスは収録だけでなく移動の際も持ち歩いていたほど
大切にしていたそうです。

普段からクマを持ち歩くなんて可愛いですね!

G=AGE

2016年ごろには突然の退所報道が。
出演シーンなどがすべてカットされるなどファンを驚かせていました。

その後G=AGEというグループで活動します。
このグループはメンバーのうち4人が元ジャニーズjrでした。
(人気のあるジャニーズjrからの引き抜きといううわさもありました。)

TASY(タジー)という名前でリーダーとして活動。
「未来から来たエージェントグループ」というコンセプトで
MVも近未来感あふれるものでした。

しかしこのグループは、プロデューサーの逮捕報道などにより
事実上の解散となってしまったのです。

グループが解散というつらい状況の中でも
リーダーとしてしっかり発表するという
責任感の強さが感じられます。

こういった形でアイドルへの夢が経たれてしまうのは
非常に悲しいですよね…。

3.韓国での活動

その後の活動が全く報道されず、一般人として生活しているのではないかという憶測まででていましたが
夢をあきらめず、韓国で2年間ほど練習生として活動していました。

今回の発表を受け、ジャニーズjr時代のファンからは喜びの声がたくさんあがりました!
一生懸命努力する姿は、応援したくなります。

その2年間でダンスとラップはもちろん
韓国語も得意になったと、自己紹介動画で言及していました。

ダンスもとてもうまいですね!
ジャニーズjrのころとは雰囲気が全く違う
大人の男性になったという意見も多いです。

また金髪もとても似合っていて
韓国アイドルっぽくなりましたね!

4.まとめ

元ジャニーズjrの田島将吾さんは
アイドルになるため、韓国で練習生として努力していました。

今回は本人も最後のチャンスと言っているほど
Produce 101 JAPAN Season2にかける思いが強いですね。

目指すアイドルは
「仲間と協力して、自分たちで未来を切り開いていけるアイドル」

責任感もあり、仲間と一緒に進んでいきたいという素敵な考え方ですね。
ファンも仲間もついていきたくなるそんな存在ではないでしょうか???

今後の活躍をぜひ応援しましょう!

Sponsored Links



よかったらシェアしてね!

韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

人気韓国ドラマを無料視聴!年代で探す

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる