BTSの神戸事件の詳細や理由は?メンバーで反日と噂されるのは誰なの?

みなさんこんにちは。

その人気は韓国やアジアだけにとどまらず、アメリカやヨーロッパでも大人気を誇るスーパーグループBTS

メンバーもそれぞれ個性的で、多才であり、多方面で活躍しています。

今回はそんな世界的スーパーグループBTSの『神戸事件』について詳細や理由を調べていきたいと思います。

神戸事件とはいったい何なのでしょうか?

また、たびたび噂されるメンバーの反日感情などにも焦点を当てて見ていきたいと思います。


Sponsored Link



目次

BTSについて

BTSは2013年に7人組でデビューし、現在に至ります。

韓国で小さな事務所に所属する彼らですが、徐々に地道に知名度と人気を上げ、数々のヒットを飛ばすようになりました。

2018年には全米でビルボード1位を獲得しビルボード・ミュージック・アワードも受賞するなど、今やワールドワイドに活躍するトップアーティストとなりました。

日本にもたくさんのファンがおり、度々ツアーなどで来日していますが、果たして神戸事件とはいったい何なのか、見ていきましょう。

Sponsored Link

神戸事件とは

2015年の12月、BTSは26、27、28日の三日間の日本公演を神戸で開催する予定でしたが、27日にファンを会場入りさせた状態で突如公演中止となり、翌28日、同時に全国で開催予定であったライブビューイングもすべて中止となった事件です。

詳細について

BTSの日本公式サイトによると、2015年12月27日、メンバーのSUGAVがめまいを訴えて、リハーサルを中断し直ちに現地の病院で診察、CT撮影も受け異常はないものの、大事を取りドクターストップがかかったようです。

BTS側は全員が参加できない公演は完璧なステージができないと判断し、やむを得ず、すべて中止することにしたとの事でした。

12月27日に神戸会場入りを済まし終えたファンは開演30分前に中止のアナウンスがあり、皆、泣き崩れたり叫ぶファンもいたようで、会場は騒然となったようです。

当日はリーダーであるRMから謝罪と説明、そして曲を3曲歌って、その日は終わったとの事でした。

ファンは遠くからも来る遠征組も多いでしょうし、それだけでなく、ファン全員のショックは相当大きかったのではないでしょうか。

その時他のメンバーの様子は?

気になるその時のメンバーの様子ですが、どんな感じだったのでしょう。

メンバーもやるせなく悔しかったことでしょうね、ボルテージもモチベーションもステージ前にあげていたことでしょう。

ジョングクはVのパートで涙を見せていたと言います。

ジミンも涙を見せ、他のメンバーも笑顔はなく、涙を堪えている様子が見られたとのことです。

体調不良だと中止も止むをえませんが、悔しく残念な気持ちはファンだけでなく、メンバーもそう思っていたことでしょうね。

Sponsored Links

公式からの謝罪なしでVの態度が悪い?

物議を醸したのはその後、BTSの公式から謝罪や対応が迅速でなかったというのも大きな問題となったようです。

払い戻しや再公演の手配も迅速ではなく、しかも公式からの謝罪がないという事です。

さすがに公式から謝罪がないというのはいかがなものかと思われます。

当時のファンにとってはつらい事件となったようです。

翌年3月、無事に再公演が行われ、ライブビューイングの払い戻しなどはあったようです。

本人の謝罪は

数日後にV、SUGAそれぞれのツイートがあったようです。

本人はファンを安心させようとの思いだったようですが、「心配したんだって?オッパは大丈夫、スーパーマン」というツイートをし、謝罪がなく反省の色が見えない、とファン達の間でSNSが、だいぶ荒れたようです。

その後すぐSUGAは謝罪しましたが、日本で起きたことであるのに日本語で出していないという点や、『韓国のARMY(BTSファンの呼称)と日本のファン』いう言い方をSUGAがした点などについて、日本ファンは、私たちはARMYじゃないのか?日本のARMYに謝るべきでは?と複雑な心境っだったようです。

ただ、文章は見る人によってとらえ方が異なり、SUGAは精一杯謝罪の気持ちを表しているようにも見えます。

SUGAは事件の翌年はじめ、改めて心情をツイートしました。

内容は一人の人間としての気持ちをつづっており、舞台に立つことが好きで今回神戸のステージに立てなかったことの後悔と謝罪、そして事件の後にSUGAは一人で神戸のコンサート会場を訪れていたことも明かされています。

一部抜粋すると、

『チケットブースから入り口、そして会場の隅々、僕はあなたたちと全く同じ感情を感じたかった。

いろんな感情があった。

嬉しい公演を待っている時のときめき、悲しみ、恨み、怒り、悔しさなど。

僕はあなた達を理解したくて理解した。

そのため申し訳なく、謝りたい、完璧な人間ではなくて。』

一部の訳にはなりますが、傷ついたファンに対して誠意と愛情をもっているのが伝わります。

SUGAは長文を出し、心情を伝え謝罪しましたが、Vに至っては、謝罪文もなく、ペン卒で離れていくファンも多かったようで、擁護派とアンチ化が分かれ賛否両論となりでSNSはだいぶ荒れたようです。

しかし、振替公演ではV自身も「心が重かったですよね?ごめんなさい」と、SUGAと共に謝罪があったとのことでした。

BTSで反日は誰なの?

BTSはたびたび反日という噂がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?

今回見ていった『神戸事件』や、ジミンが原爆のイラストが入っていたシャツを着ていたと世間を騒がせた事件などもあって、特に反日なのではないかと言われているようですね。

特に『神戸事件』では、V、『原爆Tee事件』ではジミンが噂されているようですね。

その後ジミンは日本語で日本への思いファンへの思い、騒動の謝罪も伝えています。

実は日本が好きで、旅行や、アニメや歌謡曲も好きなようですよ。

日本語も頑張っているようで、上手です。

実はVも大の日本好きだそうで、女優の上野樹里さん(のだめカンタービレを見て)がタイプだと言ったこともあるらしいです。

この動画では、メンバーみんなが口を揃えてドラゴンボール!ワンピース!ナルト!』と叫んでいたり、『ピカチュウ』『スラムダンク』と出てきます。

それぞれキラキラと目を輝かせながら語っていますね。

BTSメンバーは反日には見えませんね。

むしろとてもファンを大切にしているように見えます。

反日と騒いでいるのはメディアやアンチだけなのかもしれません。

Sponsored Links

まとめ

いかがだったでしょうか?

BTSの神戸事件反日と噂されているメンバーについて掘り下げてみました。

神戸事件は、確かに当事者のファンからすると、大変ショックな事件であり、傷ついたことに間違いはないことでしょう。

メンバーの体調不良と言うアクシデントは仕方がなくどうにもならないことですが、公式などの対応や謝罪などが迅速に行われなかったことが、第一の原因だったようですね。

メンバー本人も苦しみ悩んだ様子も見られました。

そして反日の噂も単なる噂であるようでした。

日本語もたくさん勉強してくれており、日本文化にも好意的なメンバーたちでした。

そんなBTSメンバーは全員、2020年現在もとても健康な姿でカムバックも終え、世界で大活躍中です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links



よかったらシェアしてね!

韓国ドラマを無料視聴!50音順で探す

人気韓国ドラマを無料視聴!年代で探す

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる